【悲報】仮想通貨バブルで億り人となるも、病んでしまい別れを告げたインフルエンサーがこちら・・・

fwrgqwrgr3

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/59430

「2018年12月、1ビットコイン(BTC)だけを残して、仮想通貨はすべて処分しました」

自らのブログにこう綴ったのは、仮想通貨インフルエンサーのマナ氏だ。マナ氏が最初に脚光を浴びたのは仮想通貨バブルが本格化した2017年5月。2か月前に始めたばかりの仮想通貨投資で瞬く間に「億り人」となったのだ。

仮想通貨が知れ渡り新規参入者が増えると、皆が最初に頼ったのはマナ氏だった。その相場分析や次に購入する仮想通貨銘柄を知りたがり、ツイッターのフォロワーは7万人を超え、ブログのアクセスも急増した。

「ところが読者やフォロワーが増えるたびに変なコメントも入るようになってきた。ある仮想通貨について、『これだけ暴騰しているのだから、上値を追いかけて買わないほうがいい』と発言したら、その通貨の信者から罵倒の嵐が飛んできたことがあります」

インフルエンサーとしての注目度が高まるほどに増えていく感情的なリプライや、乱高下する仮想通貨の値動きはマナ氏の体を蝕んでいった。

「医者に言われたんです、『仮想通貨病ですね』と。全身に蕁麻疹が出て、救急外来へ言ったことも1度や2度ではありません。病んでいましたね」

翌年1月にはコインチェックからのNEM流出事件があり、2月にはビットコイン価格が60万円台ヘ急落。そのまま底ばいが続いた6月にマナ氏はブログを更新し、仮想通貨の大半を売却したことを報告する。

「コインチェック事件があり、ビットフライヤーは行政処分を受けて新規口座開設の受付を停止してと、日本の仮想通貨市場を取り巻く状況が悪すぎました。この時点で保有していた大半を手放しました」

(※中略、全文はソース元へ)

//platform.twitter.com/widgets.js
続きを読む

Source: 仮想通貨まとめ速報 | ビットコイン・アルトコインニュース
【悲報】仮想通貨バブルで億り人となるも、病んでしまい別れを告げたインフルエンサーがこちら・・・